【スマートマネー計画】チャージ式電子マネーは使えない

皆さんこんばんは。
今日はスマートマネー計画の記事になります。

スマートマネー計画って何?   という方はこちらをどうぞ。


チャージ式電子マネー
チャージ式電子マネーはWAONやnanacoを筆頭に、edyや交通系電子マネーなどありますよね。

キャッシュレスにするために、ちょっと使ってみたのですが、これは使えないなという結論に至りました。

なぜかというと、すごく単純な事なんですが、チャージするために時間がかかるのが致命的にダメです。

チャージするために、お金を渡してタッチしてレシートをもらう。そして、さらに電子マネーで会計をする。
この時間は意外と長いです。

この間、マックスバリュで買い物していたのですが、前の人がチャージしてお金を出してとやっていて、レジが渋滞していました。

その後、自分はカード払いしたら一瞬で終了。
その時に、チャージ式はダメだと悟りました。

スマートマネー計画では邪魔な小銭などを減らそうとしてますが、会計の時間を減らすのが大きな目的です。
小銭は減らせるかもしれませんが、これでは使えません。

それに、チャージは現金の先払いとなるため、会計的にも不利な行為です。
(無利子でお金を貸した事になる)


以上の事から、チャージ式電子マネーは避けようと思います。

ノーイグジット戦略を取ると、株式を買うのがバカらしくなってくる

皆さんこんにちは。
土曜日のお昼をいかがお過ごしでしょうか。

さて、タイトルの話なのですが、最近株式を買うのがバカバカしく感じています。

インカム源の分散を考えて米国の高配当株ETFを少し買ったのですが、利回りを考えるとわざわざ買うのがバカバカしいなと思っています。


バカバカしいと思う理由
バカバカしいと思うのは、利回りと元本リスクの2つの観点からです。

米国高配当株ETFの利回りは約3.5%でした。
二重課税後の利回りは2.52%です。

それに対して、今J-REITでは6%以上のものもあり、税引後利回りは4.8%です。
その差は2倍近くまでなるわけです。

私の運用では、 キャピタルゲインは考えておらず、配当再投資と元本追加によってのみリターンを得るつもりです。

つまり、配当利回りの差はイコール資産の成長率の差となってきます。
複利の世界では2.52%と4.8%の差は絶望的なほど大きいです。

もちろん、株式では増配による効果は見逃せません。
とはいえ、増配率を5%とすると配当が2倍になるまでの期間は14年程度かかります。

どちらかというとJ-REITの利回りが高過ぎるのが理由だと思いますが、少なくとも今のタイミングでは株式よりREITを買う方が有利に思えます。


また、リスクについて。


上の図はJ-REIT指数の2003年から現在までの推移です。
東京証券取引所から引用しています。

このグラフを見てもらうと分かるのですが、2008年のリーマンショックのタイミングで大きく下がり、2012年のアベノミクス開始のあたりから大きく上昇しています。

株式と同じような値動きになるわけです。
つまり、REITが多過ぎるから、株式を購入してもあまりリスク分散にはならない訳です。


というわけでは、インカム源の分散目的で株式を購入するのはバカバカしいなと思っています。

ひとまず、株式の利回りがもっと上がったり、逆にREITの利回りが下がり始めてから買い進めようと思います。


【資産公開】今年の目標は受取分配金6万円

皆さんこんばんは。
今週も恒例の資産公開をしようと思います。

資産公開


・買い
なし
(タコ足ファンドを購入しています)

・売り
なし

余談ですが、今月の貸株金利も300円ぐらいになっていて、結構見るたびにホクホクします。


今年の目標
今年の運用目標を設定しようと思います。
今更ですが、目標設定されていない事に気付きました。

長期的には分配金再投資によって、元本の年5%成長を目標値としています。

ですが、インカム投資では受取り分配金が重要な投資指標になります。

そのため、今年の目標は受取り分配金6万円としたいと思います。

年あたりの予想ベースではなく、実績値です。

今年の年末の元本は240万円以上にする予定で、予想ベースの分配金は約12万円になります。

運用開始は今年の3月からで、さらに権利日から実際の受取りまで3ヶ月程度かかります。

そのため、12万円の半分。6万円の受取りを今年の目標にしようと思います。

【資産公開】カナディアンインフラリートが上方修正したってよ

皆さんこんにちは。
今週も恒例の資産公開をしたいと思います。

資産公開


・買い
上場新興国債権
さくら総合リート

・売り
カナディアンインフラリート


カナディアンリートを1口売却しました。
元々1口売る予定だったのですが、しばらくしてから上方修正が発表。。。

元々、予想配当金が次年度に代わり、配当利回りが上がってから売却する予定だったので悔やまれます。

まぁ、適当な投資を心掛けているので仕方がないでしょう。

それより、価格が上昇した事に焦って、これ以上売却しないように気を付けます。

こういうタイミングでイライラして売却すると、得てして失敗しますので。

継続保有して、インカムの確保に努めます。

【投信購入】タコ足配当ファンドを買ってみたその1

皆さん、お疲れ様です。
GW明けの出社はいかがでしたか?

私はまぁ、なんとか無難に切り抜けて定時退社しました。
いきなり、フルスピードで突っ走っても、ねぇ。

投信購入
さて、タイトルの件です。

本ブログでは以下の3つをメインに公開しています。
1. インカム資産の公開
2. 分配金の公開(随時公開予定)
3. 貸株金利の公開

これらを行う事で、どれぐらいのスピードで資産形成できるか実感を持ってもらいたいと思っています。

そしてここに、タコ足配当ファンドの購入を追加致します。


タコ足配当ファンド購入
タコ足配当ファンドとは、毎月や隔月分配によって運用益でなく、投資元本をガンガン取り崩してしまうファンドの事です。

大体、年5%以上の分配金を出していたら、タコ足配当を疑うべきでしょう。

そして、今回購入したのは、
ワールド・オープン・リート(毎月決算型)です。
その分配金利回りは驚異の23%!

ただし、購入は200円だけ。
それも楽天ポイントによる購入です。




インカムゲインのためとはいえ、元本毀損しそうなファンドに、大量にリスクマネーを投入するわけにはいきません。

どちらかというと楽天ポイントのマネタイズの意味合いが強めです。

楽天ポイント→タコ足ファンド→分配金→インカム資産
と、このような流れによって、メインのREITや債権の購入資金に充てる予定です。

そして、ついでのような感じですが、タコ足ファンドを数年単位で保有したらプラスリターンとなるかどうかを見てみたいと思っています。