分散は大事

皆さんこんばんは。
一気に寒くなりましたが、お代わりないでしょうか?

私は風邪予防にマスクをつけ始めました。
マスクはくしゃみなどで風邪を移すのを防ぐのが主な効果らしいですが、口とマスクの間の湿度が高くなるため、予防効果もあると考えています。


さて、タイトルの件について。
先日のブログで書いた通り、一旦全ポジションを閉じました。

これは急騰・急落した三機サービスを売ろうか売らまいか悩まされた事が理由です。

考えた結論としては、やはり売らなくて良かった、です。

三機サービスのみを見るとやや割高となりましたが、PF全体でみるとわずかなボラティリティでした。

分散投資はPFのボラティリティが減り、特定銘柄が割高になっても保有できる事が大きなメリットだと思います。

三機サービスは一旦下落しましたが、期末が訪れればまた割安となると思います。

株価が上がる事で利確してしまうと、その後買い戻すタイミングがなく、大きな魚を逃してしまう可能性があります。

株価が上がってもボラティリティが小さく、継続保有しやすい事が分散投資の大きなメリットだと思います。


長期投資では分散投資は心理的負担を減らし、結果リターンに貢献するため、今後も分散の効果を忘れずにいたいと思います。

なお、あまりに割高と感じた時は売却もありとし、この判断には定量的なルールは制定しない事にします。

0 件のコメント:

コメントを投稿