【個別企業分析】8914-エリアリンクについて

皆さんこんばんは。
本日はエリアリンクについて説明したいと思います。

1.事業内容について
エリアリンクは大きく2つの事業があり、1つは不動産事業、もう1つはストレージ事業です。
ストレージ事業は収納トランクや貸しコンテナです。

元々は普通の不動産業をしていたのですが、リーマンショックで痛手を受け、景気に左右されにくい企業にしようとストレージ事業にシフトしてきています。

2.想いについて
上場企業の社長は基本的に裕福なので、お金は強いインセンティブにはなりません。
そのため、お金以外の面で社長の原動力となる"想い"があるかの確認が必要だと考えています。

社長メッセージより抜粋
「商品、従業員を通じて感動を提供し、不動産業界の新しいビジネスモデルを創る」

リーマンショックを受けてビジネスモデルを転換するなど、エリアリンクの社長は切れ者だと思います。
HPの連載コラム「時代を読む」も興味深い内容が多いため、気になる方は是非ご一読ください。

3.今後の事業予想について
エリアリンクは2025年までの中期経営計画を策定しています。
目標は以下の通りです。(エリアリンクHPより抜粋)

10年後には、経常利益100億円、従業員200人、
従業員1人当たりの経常利益5,000万円
の達成を目標に邁進

HPには目標達成までの収益予想グラフが乗っています。
売上平均成長率19%というのは過大な気がしますが、シェアを拡大できるという想定には同感です。

当面は進出エリアの拡大および取扱いストレージ数の増加により、成長すると考えています。
地方には中小企業が貸倉庫を展開しているため、どこかでM&Aにより業績を急拡大させるフェーズが訪れると予想しています。
M&AのIRが出た場合には深堀りして調査したいと思います。

この記事のまとめ:
・エリアリンクは不動産事業とストレージ事業を経営
・中期経営計画にて、10年後予想を設定。やや過大目標だが、シェア拡大の想定は妥当
・M&Aにて急成長する可能性あり

0 件のコメント:

コメントを投稿