雪道で事故らないためにはどうすれば良いのか

皆さんこんばんは。
先週土曜日から全国的に大雪でしたね。
普段雪の降らない地域も振ったため、困惑した方もかなり多かったのではないでしょうか。

私もあまり雪の降らない地域の住人なのですが、東北出身者の奥さんに雪道の運転方法を教えてもらったので記事にまとめようと思います。

1.運転する時の注意点
・急ブレーキ、急ハンドル、急発進、急加速しない
・いつもよりも前車との車間距離をあける
スリップ防止のため、急の付く操作はしないように気を付けてください。
また、ブレーキから停止までの距離が伸びるため、車間距離を普段より多くとるようにしてください。

・轍の上を走行する
轍については、私はこれまで知りませんでした。

凸凹した路面だとハンドルを取られやすくなります。
轍の上だと何台も車が通って表面の凸凹が少なくなるため、轍の上を通る事が事故防止につながります。
また、後のドライバーがラクになるように轍を作る(前の車と同じ場所を走る)ように心がけましょう。

ちなみに、私の住む地域はめったに雪が降らないため、轍の作られた道はほとんど無かったです。

2.エンジンブレーキも効果的
普段、坂道などでしか使わないセカンドやローギアですが、これは雪道でも有効です。
路面が凍結して怖い時はフットブレーキだけでなく、エンジンブレーキを利用してスリップを防止しましょう。

3.それでもスリップした時は
スリップしてしまった時はブレーキを踏まさないように!

ブレーキを踏むとタイヤが空回りしてコントロールが利かなくなってしまいます。
そのため、ブレーキは踏まずにハンドルのみで操作するようにしてください。

4.国土交通省リンク
国土交通省HPでも雪道の運転テクニックを紹介しているため、もっと詳しく知りたい方はご参照ください。
http://www.mlit.go.jp/road/fuyumichi/drive.html

この記事のまとめ:
・急ブレーキ、急ハンドル、急発進、急加速しない。
・轍の上を走行する、後のドライバーのために轍を作る。
・スリップ防止にはエンジンブレーキも効果的
・スリップしたら、ブレーキは踏まずハンドルのみで操作する。

0 件のコメント:

コメントを投稿