【資産公開】信用ポジションがあると、◯◯ショックの時に困る

皆さんこんばんは、今週も資産公開をしたいと思います。
また、今週のトピックスは信用取引についてです。

資産公開




・買い
なし

・売り
なし

信用ポジションがあるとダメ!

長期間を想定した運用では信用ポジションを持つ事は向いていません。
これはインカムゲイン、キャピタルゲインのどちらを目的とした場合でも同じです。

長期間の資産運用を行うと、必ず◯◯ショックと名前に残る恐慌を経験します。

10年に1度は恐慌が起こるため、必ず遭遇します。

こうした時、長期投資では買い増しをするのが鉄則です。
下落した後に購入した分は戻り局面で大きなリターンになりますし、価格が安いため利回りも押し上げます。

ですが、信用ポジションを持っているタイミングでこうした恐慌が起こると最悪です。

恐慌では全ての資産が下落するため、現物と信用分の両方が下落して、維持率が一気に減ります。

レバレッジ2倍としていると、大体マイナス20%で追証がきます。

しかも、買い増しすると維持率はさらに下がります。
こんな状況で買い増しできるでしょうか?

これが恐慌時の怖いところです。
信用ポジションを持ちつつ下落局面で買い増しするのは、非現実でしょう。

もし、長期運用を前提に信用取引している人は現引きしましょう、もしくは恐慌がきたら速攻でロスカットしましょう。

下落局面で買う事さえ出来れば、上昇局面の足掻きなど不必要だと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿